McIntosh(マッキントッシュ)の買取価格一覧

McIntosh(マッキントッシュ)の高価買取

McIntoshは主にアンプ類を多く販売しており、その中でも評価の高い、真空管パワーアンプMC275は不動の人気を誇っております。
また、プリアンプのC22も販売市場での需要が高く、レプリカや復刻版も販売されるほどですので高価買取対象商品のひとつです。

比較的重量のある商品ではありますが、その他のオーディオと比べるとサイズはコンパクトなものも多いので、ご自宅での梱包も行って頂ける商品です。
高価な精密機器ではありますので、丁寧な梱包をお願いしています。
資材の調達などがご不安な方にはオーディオ専用の簡単キットを無料で貸し出しておりますので、お気軽にご相談ください。

また、大阪、京都など兵庫県神戸市近隣にお住まいの方には出張買取店頭買取のサービスもございますので、お客様に合った買取方法をお選び下さい。

このページの目次

表示している参考買取価格は目安としてご確認下さい。
参考買取価格は予告なく変更する場合がございますので、何卒ご了承下さい。

中古参考買取価格について

中古品として綺麗な状態、付属品が完備している完全動作品を想定致しております。

  • 無料査定フォームこちら

McIntosh(マッキントッシュ)の買取商品

プリメインアンプ

メーカーカテゴリ型番中古買取価格
McIntoshプリメインアンプ MA2275お問合せ下さい

AVアンプ

レコードプレーヤー

ホームシアター

DAP(デジタルオーディオプレーヤー)

コンポ

イヤホン

ヘッドホン

ヘッドホンアンプ

Bluetoothスピーカー

DAC(D/Aコンバーター)

ネットワークオーディオプレーヤー

その他オーディオ

  • 無料査定フォームこちら

McIntosh(マッキントッシュ)のモデル型番の確認方法

ほとんどの商品が元箱や説明書にモデル名、型番が記載されております。
元箱や説明書がない場合は、本体にも記載されているものもあるので、
本体から確認することも可能です。
それでも確認ができない場合はメーカーサイトの写真と照らし合わせて調べることもできます。

>>McIntosh公式ページで確認

McIntosh(マッキントッシュ)を高く売る方法と注意点

本体のホコリなどの汚れは可能な箇所だけ掃除する

軽く拭き取って綺麗になる程度のホコリや汚れでしたら減額になることはございません。
ネジを外し分解までして掃除をすることによって機材が壊れる可能性もございます。
そういったトラブルを避けるためにも無理に掃除をする必要はないので、そのまま査定に出して頂いても
減額は致しません。

保証書や付属品を確認する

商品によって付属品も異なってきますが、購入時の付属品が揃っていますと査定金額がUP致します。

  • ・元箱
  • ・取扱説明書
  • ・ケーブル
  • ・リモコン

など

取引手順について

オーディオの宅配買取について

オーディオの宅配買取について

宅配買取は、当店一番のおすすめの買取方法で、
お申し込み頂くだけで日本全国どこからでもオーディオをご売却頂けます。
最短で、商品が当店に到着した当日にお振込みさせて頂きます。
※当店への到着が午後になる場合、お振込みは翌営業日となります。

お申込み方法もお電話(0120-777-524)・メールLINEとご用意しておりますので、
ご都合の良い方法をご選択下さい。

宅配買取のメリット

  • 査定・送料・振込手数料が全て無料。安心して買取代金を全額お受け取り頂けます。※1
  • 日本全国どこからでも、簡単・お手軽に商品をお売りいただくことが可能です。
  • ご自宅で全てのお手続きが完了します。

※1 送料無料サービスは買取価格が5000円以上の場合適用となります。

宅配買取の注意点

  • お売り頂けるお品を梱包して頂く必要がございます。
    (無料梱包キットを貸出しております。)
  • 土日・祝祭日は金融機関が休みのため、着金するのは翌営業日となります。

オーディオの店頭買取(お持込み)について

オーディオの店頭買取について

顔を合わせてのお取引ですので、安心してご利用頂けます。
※買取金額はご指定の口座へのお振込みにて対応させて頂きます。

店頭買取のメリット

  • 梱包して頂く手間がございません。
  • 配達中の破損の心配がございません。

店頭買取の注意点

  • お客様ご自身で商品を店頭までお持ち頂きます。
  • ご来店頂く交通費が必要となります。

McIntosh(マッキントッシュ)の梱包方法

緩衝材を用いて丁寧に梱包

1)まずはダンボールを組み立て、底面にエアキャップを二重に敷いて下さい。

梱包方法1 底面にエアキャップを二重に敷いて下さい。

       

2)本体をエアキャップで包んで下さい。

梱包方法2 本体にエアキャップで包んで下さい。

       

3)一回り大きい段ボールを用意し、箱の側面に本体があたらないように入れます。
付属品もアンプ本体と同様に、エアキャップで包みます。

梱包方法3 付属品もエアキャップで包みます。

4)古新聞・チラシ・古タオル・古着など、クッション性のある物
周りを囲うように梱包材を敷き詰め、最後は梱包材を被せて箱を閉じます。
本体が箱が揺れても中で動かないように緩衝材を詰めましょう。
箱を閉じ終えたら、天地無用シールを貼り、宅配業者さんに上にする面を伝え依頼します。
シールがない場合は、油性マジックなどのペンで「↑」と書いても大丈夫です。

本体とダンボール側面にも十分に緩衝材を敷き詰めて頂き、最後は梱包材を被せて箱を閉じます。

>>オーディオ機器の梱包方法についてのページはコチラ

McIntosh(マッキントッシュ)の過去の買取実績

Mcintoshの歴史を紹介!今なお愛される高級アンプの魅力

Mcintoshは、1949年、アメリカで設立されました。
「マッキントッシュ」とは、創設者(フランク・H・マッキントッシュ)の名前からつけられたメーカー名です。
最初は、アンプを主に扱っていましたが、その後、徐々にその他のオーディオを製造していきます。

知られざるマッキントッシュ買収の歴史

マッキントッシュ(Mcintosh)は、主力商品が真空管の頃、高級オーディオとして隆盛を誇っていました。
しかしその後、ホームオーディオの低迷とともに会社も経営が困難になります。
その頃、日本の日立系カーオーディオメーカーであるクラリオンに買収され(1990年)、カーオーディオにマッキントッシュのブランド名が使われていました。

2003年には、また別の会社D&M社に買収され、日本法人(株式会社マッキントッシュ・ジャパン)も設立されます。
D&Mホールディングスは、高級オーディオメーカーDENONと、アンプメーカーのマインツが統合したもので、この傘下にマッキントッシュが入りました。

その後しばらくは、D&M社が「マインツ」「デノン」「マッキントッシュ」の3つのブランドを保有する時代が続きます。
しかし、2012年には、マッキントッシュがイタリアの会社(ファインサウンズ)に買収されたことによって、日本法人がなくなりました。

MA7900を代表とする秀逸なプリメインアンプ

マッキントッシュ(Mcintosh)の歴史的な名機といえば、やはりブルーアイズの異名を持つアンプです。
2つのパラメーターが青い光を放っていて、まるで青い目が光っているように見えることから、この名がつけられています。

マッキントッシュでは、100万円を超える高級なアンプが普通で、 なかでもMA7900は人気の商品となっております。
MA7900もこれまでのアンプと同様に、黒いボディに光るブルーアイズが魅力的な製品です。
端子数が多いために、数多くの機材を取り付けることが可能で、音も非常に高品質で聴くことが出来ます。
昔ながらのシステムを採用することによって、パワー調整も行いやすくなっているのも特徴。
価格が約84万円と、他の製品に比べると安いのも人気の理由です。

マッキントッシュのテクノロジー

マッキントッシュ(Mcintosh)独自の技術として有名なのが、出力オートフォーマーです。
出力オートフォーマーとは、スピーカーのインピーダンスに左右されない機能のことで、 これによって広帯域も劣化することがありません。

また、マッキントッシュのアンプはピアノの音に非常に躍動感が出るため、ジャズ愛好家からも絶大な支持を集めています。
演奏される鍵盤の勢いや雰囲気をありのままに表現できるアンプですので、そういった点がジャスに向いていると言えるでしょう。

無料査定フォーム

無料LINE査定

初めてのお客様へ

宅配(郵送)買取について

出張買取について

店頭買取について

買取メニュー

主なオーディオ機器の買取メーカー

主なオーディオ機器の買取品目

インフォメーション

営業案内